懸賞なび

ガバちゃんの懸賞達人への道

コラム紹介

ご存知元祖カリスマ懸賞達人ガバちゃんがお送りする、とっておきの懸賞情報&マル秘コラム。毎月1回更新。

2022年01月01日
第117回「令和4年も懸賞応募ファイト!」

明けましておめでとうございます。

令和4年の幕開けですね。

みなさんの今年の願いごとはどんなことでしょうか(笑)。

ガバこと、長場典子です。



さて、巣ごもり生活が続くコロナ禍に、新しく懸賞を始めたられた方、増えましたね〜。

そのせいか? メディアでも「懸賞」がよく取り上げられています。

12月21日発売の週刊誌「女性自身」でも、なお妻さん、ラッキーズ1期生の奈良部南さんと私で「当たる懸賞カレンダー」の特集がありました。

ところでみなさんは、毎年恒例のカルビー「大収穫祭」キャンペーンをご存じでしょうか? 

知らない方に少しご説明すると、「北海道のじゃがいも2kgとオリジナルグッズ」が10万名に当る懸賞で、毎年、8月下旬からスタートし、毎週締め切りで期間中10回の締め切りがあり、カルビー製品のパッケージに印刷された、数字付きの「応募券」で応募するものです。2点一口で、1枚のハガキに何口でも応募可能なキャンペーンです。

通常サイズのポテトチップスの袋が3点なので、この懸賞に向けて、日頃から応募券をストックしている方も多いと思います。

私は6人家族の妹が協力してくれるため、毎年応募でき、昨年は57口と40口を1枚のハガキで応募し、どちらも当選しました。

この懸賞も「女性自身」の記事で取り上げられているのですが、なお妻さんが「私は去年も全滅」とハズレをなげきました。

そして、私の応募口数とは逆に、南さんが「私の母は3口ですが、1週ごとに応募して当てていましたよ」で、その話題がピリオドに。

以前、別のお菓子メーカーさんで「1枚のハガキに何口でも応募可」の懸賞の抽選方法を取材したことがあります。

抽選は一口ごとに番号を振り、番号を抽選するものでした。

つまり57口まとめて応募すれば、連番で57個の番号を獲得することになります。

たぶん、カルビーさんの懸賞も同様の抽選方法ではないかと思われます。

人気の恒例懸賞ですから倍率が高いことは言うまでもありません。

例えば100倍であれば、私の57個は運よく当たりの範囲内でしたが、続く43個の番号はハズレということになります。

なので、南さんのお母さんは強運とも言えますよね。

記事ではこの説明がないため、「どの懸賞も大量応募で当てるガバ!」といった印象になってしまったので、このコラムで弁解させてくださいね(汗)。



そして! 1月5日発売の週刊誌「女性セブン」でも懸賞特集があります。

ラッキーズ2期生のわこさん、『なび』のぴろりさん、そして私です。

新年の一冊目は「女性セブン」で懸賞の幕開けを計ってはいかがでしょうか?

令和4年も、懸賞応募ファイト!



改めまして、今年もよろしくお願いいたします。

ガバこと、長場典子でした。



ガバちゃんからのお宝いっぱい福袋プレゼントはコチラ

プロフィール

ガバちゃん
本名・長場典子(ながばのりこ)。懸賞歴23年。これまでの当選総額3300万円相当。懸賞でマンションをゲットした、懸賞界のカリスマにして、日本で唯一の懸賞ライター。

最新の記事

過去記事

 2022年
  1月
 2021年
  1月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 2020年
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 9月 10月 11月 12月

INFORMATION

Copyright(C)2022
白夜書房