懸賞なび

木曜日更新★ なつこのだって好きなんだもんin韓流

コラム紹介

『なび』編集部なつこが、大好き韓国のイロイロを書いちゃいます。もちろん、毎週変わる韓国グッズのプレゼントもあるよ。

2021年05月28日
第545回目『ミッシング:彼らがいた(原題)』

こんにちは、なつこです。
だって好きなんだもんin韓流第545回目です。

お久しぶりの今月は、ドラマ『ミッシング:彼らがいた(原題)』を紹介したいと思います。
このドラマは、コ・ス主演のミステリーファンタジーです。
共演は、ホ・ジュノ、ソ・ウンス、ハジュン。

行方不明のまま死んでしまった死者たちが暮らす村に迷い込んだ
正義感が強い詐欺師が、死者たちに翻弄されつつも、
彼らを成仏させるために奔走するストーリーです。

まずはあらすじから……
悪質な詐欺師を騙し、被害者の金を回収する善良な詐欺師ウク(コ・ス)。
ある日、偶然ヨナ(ソ・ウンス)が拉致される現場を目撃。
巻き込まれたウクも謎の男たちに誘拐され、
山中に埋められそうになるが、逃げだしたところ崖から落ちる。

そこにパンソク(ホ・ジュノ)が現れ助けられる。
だがウクが迷い込んだドゥオン村は電話も通じず、
住民たちの様子もどこか不思議なものがあった。

村で、捜索願いが出されている男の子を発見したウクは、
男の子が誘拐されたと思い込み助けようとするが、目の前で村人が消えるのを目にする……。

驚くウクにパンソクは、ドゥオン村は遺体を見つけてもらえない幽霊たちが住む村で、
村と外の世界を行き来できるのは、自分とウクの2人だけだと説明する。

混乱するウクだったが、警察に通報するもやってきた警察には
パンソク以外の住人が見えていないことを知り、パンソクの話を信じることに。

成り行きでパンソクの家に居候することになったウクは
村人たちと過ごすうちに、次第に幽霊たちに情が芽生えてくる。
ウクは住人たちの魂を救うため、パンソクに協力することに。

そんな中ウクは、村でヨナを見かける。
ヨナの行方を捜す、彼女の婚約者で刑事のジュノ(ハジュン)も加わり、
未解決事件を解明するため3人は力を合わせる。

現実世界と見えない村の世界の2つの世界線が、どう交わるのか?
どう影響し合うのか?が見どころです。

ウクとパンソクだけに見える村に暮らす死者は、みんな身元不明中なんですが、
ツライ現実から解放されて穏やかに暮らしています。

そんな彼らを見ると、ウクは「このままでもいいのでは?」と思ってしまうんですが、
長年、村で暮らす村長は成仏できるならしたほうがいいと経験から知っていて、
パンソクに死体発見の手伝いをしてもらっているんです。

「唯一、現実と霊魂の村を行き来できるウクとパンソクは、
なぜ、霊魂の村が見えるのか?」の理由は物語が進むにつれわかってくるのですが、
これが切なすぎて最後、しんみりしてしまいます。

コ・ス演じるウクは、この村と出会ったことが人生の分岐点になり、
前向きに生きていけるようになります。

10年村に暮らしてきたパンソクも、抱えていた問題の答えが出て、
新たなる人生を歩み始めるんです。

見ている途中では、最後の終わり方が絶望的でないといいなぁ〜
と思っていたんですが、結果はハッピーエンドではないけど、納得できる終わり方でした。

全12話と短いので、一気に見たんですが、それもこれも次が気になって仕方ない!
というストーリー展開だったから。
9月にDVD発売ですので、興味がわいた方はぜひ、ご覧ください。

今月のプレゼントは……
ホ・ジュノが猟奇的な父親を演じたドラマ『ここに来て抱きしめて』のDVD-BOX1を1名様にプレゼントします。チャン・ギヨン主演のこのドラマは、初恋を守り続けるふたりが互いの痛みを包み込んでいく純愛ラブストーリーです。

応募はコチラから

プロフィール

なつこ
『なび』の前身雑誌『賞とるマガジン』時代から懸賞雑誌を作り続けてはや十ウン年。途中、趣味に走り『Korea Movie』『KoreaMax』など韓流雑誌に携わり、出戻ってきちゃった。それでも趣味の道は続き、未だに年数回韓国へ行くバカっぷり、さらに家ではHDDレコーダーが24時間韓国ドラマのために稼動しているというおバカな毎日を送る。

当月の記事

過去記事

 2021年
  1月 2月 3月 5月
 2020年
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 2019年
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

INFORMATION

Copyright(C)2021
白夜書房