懸賞なび

蛸山めがねの近未来懸賞研究所

コラム紹介

短期集中連載・週2回更新★
『なび』本誌でも連載中の漫画家・蛸山めがねがSNS懸賞の未来を予測します! これを読めばSNS懸賞のすべてがわかる!

2016年12月20日
蛸山めがねの『近未来懸賞研究所』7回目

現在配信中のまぐまぐメルマガでもちょくちょく書いている事なのですが、本当にネット懸賞の動向というのは刻々と変化し続けていて、1年前には想像していなかった事が起こっております。

その中の一つに、思わぬSNSの懸賞数がぐんぐん増えていっているという状況があります。
皆様もご存知でしょうか?

私は絵を描く仕事が多いため懸賞応募は気分転換も兼ねてのインターネット応募が多く、気づけばネット懸賞の状況に詳しくなっていきました。

ここ数年は企業のツイートをRT(リツイート)するだけで手軽な(応募が簡単ゆえの凄い倍率になりがちですが)twitter懸賞が主流で、「ネット懸賞の横綱は、しばらくtwitterだろう」と思っていたのであります。

ところがですね、ここへきて応募数がぐんぐん伸びて頭角を現してきたSNS懸賞があるのです!それは

Instagramとはなんぞや?という方に説明しますと、写真、動画に特化したスマホ専用SNSアプリでして、他のSNSと比べてテキストよりも画像が重要視されているため、世界の言葉が判らなくても共有された画像を見て楽しむ事ができるのが魅力です。

そのためか、全世界で1億3000万人のユーザーがいる写真共有でも最大のアプリで、ハリウッドスターや海外のモデルさん、日本だとイラスト描いた"Instagramスター"GENKINGさんや、水原希子さん、ローラさんが利用していますね。

キラ星のような利用者のイメージも相まって、今のところ"ちょっとおしゃれなSNS"という印象を私は持っております。

さて、このInstagramの懸賞というのが、なぜに懸賞を主催する企業も注目し懸賞数も増えていっているのか!? その話は次の配信に続く!

プロフィール

蛸山めがね
長崎県出身。多摩美術大学中退。
2009年12月漫画アクションにてデビュー。現在は、夫と猫一匹と暮らす日々。

最新の記事

過去記事

INFORMATION

Copyright(C)2021
白夜書房